まるまるの○○日記

新装開店!
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  42

避妊手術2

時間が経つと、今思ってることを忘れてしまいそうなので、

連続でアップします。興味のある方はお付き合い下さいね。

ペットの「避妊手術」について、今回改めて深く考えました。

私は、最初はそらの避妊は考えていませんでした。

ヒートも年に2回、マナーパンツをはかせて1ヶ月くらい過ごせば

何とかなると思っていたし、何より健康体なら傷をつけなくても

良いと考えていました。飼い主が勝手に飼い始めて、

勝手にペットの避妊までやっちゃって、果たして倫理的に

良いのかどうか。。。人間のエゴかな?って思っていたんです。

でも、実際ヒートを体験すると、ペットも飼い主もお互いストレスが溜まる。

それは衛生面でも生活面でもでした。

出来るだけ私が世話をして、我慢すれば大丈夫、なんて安易に

考えていたんですね。そしたら、3ヶ月毎にヒートは来るし、その度に

お散歩もお出かけも延期。極めつけには長引く始末。。。

もうそらは一生、パンツ生活なんじゃないかと、不安になりました。

子宮蓄膿症や子宮内膜症なんかも疑って、動物病院でエコー検査。

薬をもらっても効かない。。。こんな不安な生活を、この先ずっと送るの?

って本当に心配になりました。

幸い、そらは食欲もあり、散歩も催促してきて元気でした。

今すぐに重病になることはないと思うけれど、

子宮蓄膿症とかになるのも時間の問題のような気がしました。

避妊手術もリスクはあります。ホルモンバランスの崩れが原因で、

太ったり、尿失禁を発病したりすることも調べました。

でも、最近のそらはとても外に出たがり、いろんなワンちゃんとの

交流がとても楽しそうになっている感じでした。

ヒートを心配せずに、雌雄関係なく、いっぱいいっぱい楽しませて

やりたいじゃないですか!飼い主なら、そう思いますよね?

避妊手術延期の際は、いつもやらない方が良いから

そらもヒートにわざとなってるんじゃないのか?

なんて考えたりしてました。

こればっかりは、どちらが良いなんてないと思います。

ペットは話せないから、ペットにとって幸せな選択を

飼い主が代わりにしてやらないといけません。

そらを勢いで飼い始めたけど、私にとっては、もう家族も同然に

なっていたんですね。今回改めて気付きました。

避妊手術を通して、そんな想いを再確認される飼い主さんは

多いと思います。避妊手術をした方が良いとは思いません。

ただ、ペットを飼ってる人に、ペットを幸せにできるのは

飼い主さんだけ!だと分かって欲しいです。

お金がなくて、どうしようもなくなったときは、処分を考えるのではなく、

ペットが幸せになれる別の方法を探して欲しいです。

昔飼っていた柴犬のポチには、私はそれをしてあげられませんでした。

だから、私はポチの分もそらを幸せにしたいです。

お留守番とか寂しい思いをさせるかもしれませんが。。。

偉そうなことを書きましたが、これはあくまで私の考えですよ!

3では、そらの実際の手術のことを書きます。

ヒート中の避妊手術はブログでいろいろと調べましたが、

意外に少なくて。参考になれば幸いです。

それから、今後、動物病院名を出すことは控えます。

病院間での信頼関係や患者と医者の信頼関係も壊しかねません。

動物病院だけでなく、人間の病院も何か問題になったら

大変なので。。。

もし、私の記事を見て、行ってみたいと思った人は、

コメント欄にお願いします。

ああ、また写真も挿絵もない記事に。。。絵文字も少ない。

3はそらの写真付きですから!


スポンサーサイト
別窓 | 動物病院 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| まるまるの○○日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。